ロシア君と私|日露の国際遠距離恋愛のブログ

リアルな国際恋愛とロシア人の彼氏から知ったロシア文化についてのブログ。彼氏のロシア君から聞いて彼女の私(チエ)が驚いたロシア文化や国際恋愛の楽しさや苦労、最新のロシア観光情報もイラスト付きで紹介してます。

【悲報】モスクワの松屋わずか6ヶ月で閉店|閉店の原因は3つ

f:id:chieyoshidaart:20190823044949j:plain

こんにちは、チエです。

 

世界中でブームになっている日本食、ロシアでも日本食ブームの波がありスーパーのお惣菜コーナーにSUSHI(寿司ではない)が売られていたりします。

さらにモスクワにはSUSHI屋だけでなくうどんチェーン店丸亀製麺があり、さらに牛丼チェーン店松屋もありました。

 

しかし、その松屋がわずか半年で閉店してしまいました。

いったい何があったのでしょうか?

 

 

目次

 

 

2019年6月ロシアに牛丼チェーン店が初進出

f:id:chieyoshidaart:20190823044850j:plain

2019年6月19日に牛丼チェーン店では初のロシア進出を果たした松屋

松屋公式HPには当時このようなコメントを発表していました。

2019年6月19日(水)、松屋のロシア第1号店をモスクワ市内にオープンいたしました。 このたび、株式会社松屋フーズ(本社:東京都武蔵野市代表取締役社長:瓦葺一利、以下「松屋フーズ」)は、北海道総合商事株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役:天間幸生、以下「北海道総合商事」)のロシア現地法人 Pegas-HC LLC(本社:ウラジオストク代表取締役:池田英希)が出資する Japan Food Service LLC(本社:モスクワ、代表取締役:Li Sang Gun、出資比率:Pegas-HC LLCが81%を出資)とフランチャイズ契約を締結し、ロシアにおける牛めし業態「松屋」の展開を行うこととなりました。 ロシアは世界9位となる1億46百万人以上の人口を有しております。 特に首都モスクワには1,200万人以上の人口が集中しており、経済規模も大きく、重要なマーケットと考えております。 近年、日本の食文化への関心が高まっておりますが、本格的な日本食レストランが少なく、ニーズが満たせていない状況と考え、出店することとなりました。 今回のモスクワへの「松屋」第1号店を皮切りに、ロシアへ日本の食文化を広め、弊社商品を通してモスクワのお客様に喜んで頂けるよう努めてまいります。

松屋フーズHPより

 

松屋がモスクワにお店を出した理由

  1. モスクワの人口の多さ
  2. ロシア人の日本の食文化への関心の高さ
  3. 本格的な日本食レストランが少ない

松屋のロシアに進出には、日本食ブームに乗っかり寿司以外の日本食文化を開拓していこうという背景があったようです。

 

一足先に丸亀製麺はロシアに進出しており、モスクワで7店舗の店舗数を構え、ロシア人の間でも「SUSHI」と同じく「UDON」という言葉が定着しつつあります。

おそらく松屋丸亀製麺に出遅れまいとモスクワ1号店を出したんだと思います。

 

 

わずか半年で閉店!原因は?

www.sanspo.com

開店前の関係者を招いた試食会では日本の味を忠実に再現した牛丼に、モスクワに暮らす日本人も驚いていました。さらに取材に来たロシア人記者たちも初めての牛丼の味に「美味しい」とコメントしていましたが、残念なことに2019年12月に閉店してしました。

 


いったい何があったのでしょうか?

閉店の原因として3つの要因があるのではないか推測されています。

1,価格が高すぎた?

Twitterではモスクワの月収に対して価格が高すぎるという意見があります。

 モスクワの平均月収はだいたい10万円と言われていて、たしかに月収に対して540円は高価ですよね。

しかし、丸亀製麺も同じく1食500円前後で販売しています(詳細はこちら)。さらにスタバも日本の値段とあまり変わりありません。

それでも潰れないお店があるので、価格だけの問題ではないという意見もTwitterで上がっています。

 

2,立地が悪すぎた?

チエも以前モスクワにいたときに松屋に行ったことがありますが、ちょっとわかりにくいところにお店があったのでGoogleMAPを使っても道に迷ってしまいました。

松屋モスクワ店はモスクワの中でも住宅街の中にあり、観光地から離れていました。

ロシア君も「わざわざ松屋のためにそこに行かないといけない。丸亀なら買い物ついでに寄れる立地だ。」と、立地の悪さを指摘しています。

 

繁華街から離れている、住宅街のアパートの半地下というアクセスの悪さが大きな要因だったのではないでしょうか。

 

3,ロシア人の口に合わなかった?

また日本の味がロシア人に合わなかったのではないかという意見もあります。

 

 チエがモスクワで食べた松屋の牛丼はたしかに日本の味そのものでした。

肉の薄さや味が日本で食べる牛丼と全く同じで感動しましたが、よくよく考えてみると日本のものをそのままロシアに持ち入れたところでロシア人に親しまれるのかと言われたら難しいのではないかと思いました。

 

ロシアの丸亀製麺もロシア人の口に合うような味やメニューを揃えており、日本の丸亀では食べたことのないうどんがたくさんありました。

ロシア人好みの味を研究する必要があるのではないかなと思います。

 

 

終わりに

わずか半年で閉店してしまった松屋ですが、これで終わらずにまたロシアで挑戦していくのか気になるところですね。

ロシアはフードデリバリーサービス大国?

こんにちは、チエです。

 

寒くなってくると、外に出るのが億劫になりますよね。

外出の前に布団から出るだけでも葛藤の毎日です。

 

そんな寒い時には、外出しずに食事が楽しめれるデリバリーを頼むという人もいるのではないでしょうか?

 

日本ではUberEATが都市部で活躍していますよね。

ロシアではUberEATではありませんが、それに類似したデリバリーサービスがあります。

 

「モスクワに行ったら-20度でとてもじゃないけど外に出れないよ〜」という時に便利なサービスですよ。

 

 

目次

 

 

 

 

フードデリバリーサービスのシステム

f:id:chieyoshidaart:20191209021925j:plain

日本でデリバリーと聞くとピザや寿司が多いですよね?

 

配達スタッフはそのピザ屋や寿司屋のスタッフですが、このロシアのデリバリーサービスはお店のスタッフが配達を行うのではなく、デリバリーサービス会社の配達スタッフが行います。

つまり、配達スタッフはお店のスタッフではないということです。

 

 

フードデリバリーサービスのメリット・デメリット

「フードデリバリーは聞いたことあるけ料金とかやり方がよくわからない」

「配達してもらうには割増料金が必要なんでしょ?」

「配達って待たされるイメージがある」

 

 

 

利用するにメリット・デメリットを把握しておきましょう。

 

メリット
  • 店と料金によって配達料が無料
  • 配達時間は平均で30分前後
  • 支払いはカードで前払いか配達員に現金払い

 

デメリット
  • 使い捨てのコンテナで運ばれるのでゴミが増える
  • 途中で冷えたりこぼれたりすることもたまにある
  • 配達員が道に迷うとさらに時間がかかることもある

 

 

 

なぜモスクワは東京よりフードデリバリーが盛んなのか?

f:id:chieyoshidaart:20191209022017j:plain

主に公共交通機関や自転車で配達する

東京以上にフードデリバリーの鞄を背負った人たちを見かけました。

特にマックに行けば、商品を待っているフードデリバリースタッフ達が必ずいます。

 

ここまでフードデリバリーが盛んになった理由は2つあると言われています。

  1. モスクワは冬場は-20度近くになって外出がしづらい
  2. みんなアパート暮らしのため、上層部に暮らしている人は外出がめんどくさく感じる

 

モスクワでは冬場は-20度近くなって外出しづらい

モスクワの冬は厳しいです。最高気温で-数度というのが普通で、本当に寒い日は-20度という日もあります。

 そうなると、寒いではなく痛いと感じるようになり寒さに慣れているロシア人も簡単には外出しようとはしません。

 

 

 

みんなアパート暮らしのため、上層部に暮らしている人は外出がめんどくさく感じる

モスクワには一軒家がなく、みんなアパート暮らしです。

そのアパートが10階建や20階建というものが多く、上層部で生活している人たちは外出するだけでも一苦労です。

 

ロシアはドアが二重扉になっているのし、ドア1つに対して鍵が2つ付いているので鍵をかけるだけで手間がかかります。

私もロシア君の家で2ヶ月間生活したとき「私の実家(一戸建て)より外出するのに時間がかかてるな〜」と感じていました。

1つの用事だけのために外出するというのが億劫に感じてしまいます。

 

 

この2つの要因があって、特にモスクワをはじめとする主要都市でフードデリバリーサービスが広がり、今では生活に欠かせないサービスとなりました。

 



 

モスクワでよく見かけるフードデリバリーサービス会社2選

f:id:chieyoshidaart:20191209021426j:plain

今ではモスクワはフードデリバリー会社の激しい競争が行われております。

会社もたくさんあってどれを利用しようか迷ってしまいますよね?

 

そんな中、一番多く利用されている大手会社2つございます。

この2つのデリバリースタッフは街中の至る所で見かけます。

 

デリバリークラブ(Delivery Club)

f:id:chieyoshidaart:20191209021331p:plain

レストランだけでも5000以上登録されている大手のフードデリバリーサービス会社。

配達料金はなく支払いはレストランに直接注文した金額のみ料理の金額と配達にかかる時間だけを比較して選ぶことができます。

 

https://www.delivery-club.ru/entities/food

App Store

Delivery Club – Доставка еды

Delivery Club – Доставка еды

  • Delivery Club, LLC
  • フード/ドリンク
  • 無料

apps.apple.com

Google Play

play.google.com

 

ヤンデクス・イェダー(Yandex.Eda)

f:id:chieyoshidaart:20191209021222p:plain

ファーストフードイタリア料理和食グルジア料理を注文したいと言う人にはこちらの会社がお勧めです。

このサービスの会員は有名なレストランのみで配達にかかる時間もかなり正確です。

モスクワ以外にもペテルブルク・カザン・ソチを始めロシア20年でデリバリーを展開している。

 

https://eda.yandex/moscow

 

App Store

Яндекс.Еда

Яндекс.Еда

  • Yandex LLC
  • フード/ドリンク
  • 無料

apps.apple.com

Google Play

play.google.com

 

 

まとめ

  • フードデリバリーサービスはお店のスタッフではなく、配達専門のスタッフ
  • ロシアでは寒さとアパート暮らしということがあってデリバリーが盛ん
  • デリバリークラブとヤンデクス・イェダーが有名

 

モスクワ初日は疲れすぎて、その日の晩ご飯はロシア君に頼んでデリバリーにしてもらいました。

あの時がデリバリーの便利さに助けられた時でした。

 

個性豊かなロシアのクリスマス

こんにちは、チエです。

 

日本から一番近いヨーロッパとして名高いロシア

ヨーロッパと言っても、やはりロシア文化は独自の発展を遂げています。

 

特に宗教行事のひとつであるクリスマスは、ロシア正教独自の慣しがあり興味深いものになっています。

 

 

目次

 

 

 

ロシアのクリスマスは1/7

f:id:chieyoshidaart:20191207011906j:plain

ロシアは主にキリスト教ですが、カトリックプロテスタントとは違うロシア正教という宗派です。

このロシア正教ユリウス暦というカトリックプロテスタントとは違う古い暦を使っているので、キリストの生誕祭が違うのです。

 

なので子ども達へのクリスマスプレゼントも12/25ではなく1/1に送られます。

お年玉みたいですね。

 

 

新年を越してからクリスマスなので、イルミネーションはクリスマスだけでなく正月飾りも兼ねています。

そのせいもあってか、ロシア君はイルミネーションをよく「正月飾り」と言います。

 

会社の休みは1/1~1/7なでの、正月とクリスマスを一緒にお祝いする感じになります。

1/7には信者による宗教的儀式のみを行い、翌日からは仕事・学校がはじまります。

 

 

 

ロシア流クリスマスディナー(正月料理)

f:id:chieyoshidaart:20191207011739j:plain

肉ゼリー

クリスマスといえば豪華なディナーですよね。

ロシアではクリスマスより先に正月が来るので、豪華な料理は正月に食べます。

 

ロシアでは、みかん・シャンパン・肉ゼリー(肉をコンソメゼリーで固めたもの)・オリヴィエ・サラダ(詳細はこちら)などなどたくさん作ってみんなでわいわい食べます。

 

 

しかし、この料理もソ連時代のもので、人によってはただ好きな料理をここぞとばかりに食べるという人もいます。

「こうじゃないといけない」というルールはないので各家庭や個人によって料理はかなり多様化しているようです。

 

 

 

 

ロシアのサンタさんは青色

f:id:chieyoshidaart:20191207012106j:plain

な、なんと、ロシアには赤い服を来たサンタさんとは他にもう1人サンタさんがいます。

 

ロシアではジェットマロース(厳寒おじいさん)と呼ばれる青い服を着たおじさんと、雪娘というジェットマロースの孫娘がソリーに乗ってプレゼントを配ると言われています。

 

クリスマスのイメージカラーといえば赤と緑なので、青というのは新鮮ですよね。

 

けど、今では赤いサンタさんを見かける方が多いようです。

 

 

まとめ

  • ロシア正教のクリスマスは1/7
  • ロシア人にとってイルミネーションは正月飾り
  • クリスマスディナーは正月料理と一緒
  • ロシアのサンタさんは青色で孫娘もいる

 

新年のカウントダウンから始まる冬休みというのも楽しそうですね。

 

モスクワのぎゅーぎゅーでパンパンな地下鉄

こんにちは、チエです。

 

通勤通学で電車を利用しているという方はけっこうみえますよね?

 

特に都心暮らしは電車や地下鉄・バスの利用頻度は高いと思います。

ロシア君が暮らしてるモスクワも同じで、日々の暮らしに欠かせないものととなっています。

 

けど、モスクワの地下鉄の混み具合ってなかなかヤバいんですよね〜笑

今日はそんなヤバいモスクワの地下鉄をご紹介します。

 

目次

 

 

 

ラッシュ時は40秒に1本

f:id:chieyoshidaart:20190222030613j:plain

 

 

ロシア君は冬場は地下鉄を使って通勤しています。(夏場は自転車)

 

地下鉄は積雪量関係なしに運行ができるので、ロシアのような雪国では他の公共交通機関より便利です。

なので利用者が多く、ラッシュの時間帯だと40秒に1本の頻度で運行されてます。

 

「40秒に1本?東京より便利じゃない?」

と思った方もいるでしょう。私も最初はそう思ってました。

 

 

 

40秒に1本でもぎゅーぎゅー

 

 f:id:chieyoshidaart:20190222030604j:plain

 

しかし、ロシア君から送られてくる映像画像は常に山手線並の満員電車の様子です。

 

 

f:id:chieyoshidaart:20191205010605j:plain

雪が降った日は、改札口からホームまで向かうエスカレータでもこの人混み!!

 

f:id:chieyoshidaart:20191205011308j:plain

ホームもぎゅーぎゅー。

ホームから人が落ちないのかと心配になってきます。

 

 

 

モスクワの満員電車の原因

「こんなにぎゅーギューだなんて!」

と、思った人もいるでしょう。

 

このような満員電車になってしまうおもな原因は2つあると言われています。

1, モスクワの人口1300万人に対して地下鉄が16本しかない

2, 地下鉄の開発が遅れている

 

 

1, モスクワの人口1300万人に対して地下鉄が16本しかない

東京の人口は約930万人、地下鉄の数は13本、さらに地上を走る鉄道は約60本あります。そこにバスも加わると、公共交通機関の本数は100を超えるでしょう。

 

しかし、モスクワは地上を走る鉄道がほとんどないので地下鉄とバスと路面電車に対する負担が東京より大きく、さらに冬場になるとそのバスと路面電車が遅延・事故を起こすので、地下鉄利用者はさらに増えます。

 

2, 地下鉄の開発が遅れている

ロシアは元社会主義国ソ連のなごりもあってか横領事件は珍しくないです。

政府が1000万円使って建設した橋が3日で川に沈没したという話も珍しくありません。

なので日本では考えられないスピードで地下鉄の開発が遅れているそうです。

 

けど、そんな中最近新しい路線が開通し、ロシア君がよく使ってる路線の混雑が軽減したそうです。

 

 

 

 

まとめ

 

  • ラッシュ時では地下鉄は40秒に1本
  • 40秒に1本でも満員電車
  • 原因は人口に対して地下鉄の路線本数が少ない

一回モスクワでラッシュ時に乗りましたが、これが毎日だとかなり大変だなと思いました。

レンタルと購入どっちがお得?モスクワのスケート靴の値段

こんにちは、チエです。

 

「ロシア人てウィンタースポーツをたくさんするんでしょ?」

「ロシア人ならスケートやスキーできるでしょ」

 

ウィンタースポーツをやる人口は日本より多いとは思いますが、みんながみんなマイシューズやスキー板を持っているかと言われたらNOです。

ロシア君もその1人で、アイススケートはできますが自前のシューズまでは持っていません。

 

しかし、そんなロシア君が最近アイススケートを始めたのでマイシューズを購入しました。

 

はたしてロシアでウィンタースポーツをするのは日本よりお得なのでしょうか?

 

 

目次

 

 

 

ロシア人はみんなアイススケートできる?

f:id:chieyoshidaart:20191204022914j:plain

「雪国なんだからアイススケートは学校でも教えてるでしょ」

 

そういうふうに思っている人もいるかもしれませんが(私もそうだった)、実はそうじゃないんです。

 

モスクワの学校では体育の授業でウィンタースポーツをやる機会がなく、フィギュアやホッケーをやりたい人はそういうスポーツ教室に行かないといけません。

冬になると、学校では体育館でできる室内競技を行っているんだそうです。

 

という事情があるので、ロシア人だからみんながみんなアイススケートができるわけではありません。

(ロシア君はアイススケートはできるけど7年くらいやってなかった)

 

 

ロシアのアイススケートシューズは安い?

f:id:chieyoshidaart:20191204022219j:plain
ロシア君の趣味はサイクリングですが、冬場は路面が凍るのでサイクリングをお休みします。

で、今年はそのサイクリングの代わりにアイススケートをすることを決断しました。そのためにマイシューズを購入したロシア君。

 

f:id:chieyoshidaart:20191204022252j:plain

ロシアだったらスケートシューズも安く買えるのでしょうか?

 ロシアにも日本のヒマラヤのようなスポーツ用品を扱っているチェーン店Спортмастерで調査をしてきてもらえました。

 

 

f:id:chieyoshidaart:20191204022327j:plain

ロシア君が購入したのは、初心者向けのホッケー用シューズで5000ルーブル(約9000円)しました。

内訳→シューズ代(4530ルーブル)+歯の研磨代(250ルーブル)+カバー代(220ルーブル)

 

f:id:chieyoshidaart:20191204022416j:plain

Amazon.jpを見るとシューズ代だけで8000円くらいしてるので、日本と変わらないのかなと思いました。

が、シューズもピンからキリまであって、一番安いものだと1799ルーブル(約3238円)がありました。

 

「使い捨てでいいいや」「来年も使うかわからない」という人にはこのくらい安いシューズを購入するのはアリかもしれません。

 

アイススケートシューズについての詳細はこちらの記事をどうぞ↓

一足目におすすめの人気スケート靴10選と選び方を解説! | Sposhiru.com

 

 

 

 

レンタルシューズとマイシューズ、どっちがお得?

f:id:chieyoshidaart:20191204022605j:plain

プロ仕様のアイススケートシューズ

モスクワの野外アイススケートリンクの1回のレンタル料は500ルーブル(約900円)前後です。(料金の詳細はこちら)

 

2~3回しかアイススケートをしないと言う人だったらレンタルでもいいと思いますが、ロシア君のようにアイススケートシーズン中に4回以上行くならマイシューズを用意したほうがお得になります。

 

観光で行くだけならレンタルで十分ですが、数ヶ月モスクワに滞在するならアイススケートシューズの購入を検討するのも良いではないでしょうか?

 

 

 

まとめ

 

アイススケートいいけど、スキーも好きなのでいつかロシア君とスキーをしに行きたいです。

 

【オススメ】モスクワのスケートリンク3選【観光名所】

こんにちは、チエです。

 

急に寒くなってきて、冬真っ盛りになってきましたね。

モスクワは最高気温でもマイナスが続き、モスクワ市内では野外アイススケートリンクがオープンしました。

 

シューズの貸し出しも行っているので、手ぶらでも観光客も楽しめれるます。

そんなモスクワの冬季限定野外スケートをご紹介します。

 

 

目次

 

 

 

VDNKh Ice Skating Rink 

f:id:chieyoshidaart:20191203000815j:plain

 

トリップアドバイサーにも載る、欧州最大級の広さを誇る野外スケートリンクです。

1周するのに15分くらいかかるくらい広いです。

 

スケートリンクがあるこのVDNHKhは万博会場のようなところで、子どもたちが楽しめれる遊園地や巨大な滑り台もあります。

近くには宇宙飛行士記念博物館があるので、1日かけて遊ぶことができる楽しいところです。

 

ロシア君は休日に行ってこのビデオを撮ってきましたが、平日ならさらに人は少ないかもしれません。

 

イルミネーションにも力を入れているので、夜に行くのもいいかもしれませんね!

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

🇬🇧Biggest icerink in the Europe on @vdnh_russia 🇷🇺А вот и видео подкатило с красивого катка на #вднхмосква, смотрим. 🎙Музыка Kevin MacLeod / Christmas Rap . . . . . #вднх #вднхкаток #вднх80 #вднх80лет #вднха #катоквднх #катокмосква #каток #навднх #москвакаток #вднх2019 #москвавднх #накатке #свысотыполета #свысотыптичьегополета #видсверхулучше #видсверху #москвасверху #nikydron #russiandrone #rusdrone #dronerussia #vdnkh #vdnkha #dronevideos🎥 #dronevideos #дронвидео @airvuz @droneoftheday @i_moskva @infomoscow24 @moscownomoney

Alexey Nikitin(@nikybwd)がシェアした投稿 -

 

施設情報
  • 営業時間…………………平日11~23時/休日10~23時 (15~17時は休憩)
  • 期間………………………12月〜3月
  • 利用料金…………………大人1人平日300ルーブル/休日500ルーブル
  • シューズレンタル料金…平日250ルーブル/休日400ルーブル
  • 最寄駅……………………VDNKh駅
  • URL………………………http://katok.vdnh.ru

 

 

 

Anniversary Ice Rink in Gorky Park

 

 

モスクワ川沿いに長〜く続く公園の中にあるスケートリンクです。

ここも広くて、収容人数は4000人と言われています。

 

ここの公園内にはオシャレなレストランやカフェはもちろんのこと、出店もあるので1日中飽きることなく楽しむことができます。

ホッケーやフィギュアスケートの教室もあったりして、日常的に利用することもできます。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Медиарубка на катке «Восход». ⠀ 🎧 Медиарубка - это уникальное музыкальное пространство, собственная live-студия живой музыки на катке, где каждый вечер пятницы, субботы и воскресения проходят выступления молодых исполнителей, музыкантов и диджеев. ⠀ 🎙 В новом зимнем сезоне мы хотим молодым и талантливым музыкантам дать возможность заявить о себе. Мы приглашаем артистов, исполняющих собственную музыку выступить у нас на катке. Для этого нужно предварительно направить заявку с указанием имени исполнителя или названия группы, дать ссылки на альбомы (Apple music, Яндекс-Музыка), клипы и обязательно лайв-выступления на Youtube, ВК или Инстаграм, клипы и видео живых выступлений. ⠀ 📨 Отправить заявку на электронный адрес streetartist@park-gorkogo.com с пометкой «Выступление в Медиарубке» #паркгорького #афишапг #паркгорькогомосква #gorkypark

Парк Горького(@parkgorkogo)がシェアした投稿 -

 

週末になるとイベントを多数開催している活気ある公園です。

スケートリンク沿いにバンドのライブを楽しめるなんて日本ではなかなかないですよね!


施設情報

 

 

 

GUM Skating Rink

f:id:chieyoshidaart:20191203012929p:plain

 

世界遺産赤の広場に毎年出現するアスケートリンクです。

上記の2つの公園に比べると広さは劣りますが、有名な観光地でスケートができるということもあって連日大賑わいです。

 

このスケート場のお隣はグム百貨店という高級百貨店があるので、お買い物も一緒に楽しめます。

 

さらにこのスケート場がすごいところは、時期によっては平日午前中の利用料がタダなんです!!

シューズのレンタル料金を払うだけでスケートができるなんてすごくお得ですよね?

行く前に公式サイトで料金をチェックしましょう!

 

午前中にスケートを楽しみ、お昼にはオシャレなレストランでロシア料理を楽しみ、午後はグム百貨店でお買い物を楽しむというのはいかかでしょうか?

 

施設情報

 

 

 

レンタルシューズのデポジットとは?

スケートシューズをレンタルすると、レンタル料金とは別で1000~2000ルーブルのお金を請求されることがあります。

 

これはデポジットと言い、シューズをきちんと返却すると戻ってくるお金です。

 

と、いうのも、ロシアでは窃盗事件が多いのでシューズを貸し出すと返却されなかった事件が多発しました。

その対策として、だいたいのレンタル店ではデポジットを徴収するようになりました。

 

レンタル料金より高くて驚くかもしれませんが、シューズをきちんと返却すれば必ず返ってくるお金なので安心してください。

 

 

まとめ

  • VDNKh Ice Skating Rink …欧州最大の広さを誇るスケート場
  • Anniversary Ice Rink in Gorky Park…イベントが多数行われてスケートしながらバンドのライブが楽しめる
  • GUM Skating Rink…赤の広場にある有名なスケート場。午前中なら無料で利用できる時期がある

 

ロシア君といつかウィンタースポーツを楽しみたいです。

レギンスだけで外出をしないのは日本だけ?

こんにちは、チエです。

 

今日Twitterを見ていたら、こんなツイートが目に止まりました。

 

 

 内容は、レギンスだけを履くのは理解できない女のファッションだとTVで紹介されたということでした。

 

スパッツやレギンスだけで外出するのって欧米では珍しいことではないんですが、やはり日本で流行るファッションと欧米で流行るファッションは違います。

 

私自身もモスクワに行った時に日本人とファッションは全然違うなと思いました。

そんな、ロシア(欧米)では当たり前の女性ファッションをご紹介します。

 

 

目次

 

 

 

レギンスだけで外出は当たり前

f:id:chieyoshidaart:20191201004850j:plain

日本だと、スパッツ・レギンス+ショートパンツをというファッションが多です。

昔は足長効果があると言って、トレンカを使ったファッションが流行った時期がありましたよね。

 

けど、ロシア・欧米ではスパッツ・レギンスをショートパンツと組み合わせるファッションはあまりありません。

特に夏場はレギンスにタンクトップという、すごく動きやすそうな服装をしている子を多く見かけました。

 

逆に日本で流行ってるワイドパンツをモスクワでも旅行で行ったEUでも見かけることはありませんでした。

 

 

 

 

ブラが透けているのも当たり前

f:id:chieyoshidaart:20191201005140j:plain



ロシア君とモスクワにあるちょっと高級なレストランに行った時

 

席を案内してくれた女性スタッフのブラが透け透けで驚いたことがあります。

その女性スタッフはブラウスにタイトスカートという、スーツのような格好をしていました。

 

ちなみに私が高校生だった頃(約10年前)

私の学校では、夏服のカッターシャツの下にキャミソールなどの肌着を着ずに、ブラを透かして着ることが一部の女子生徒の間で流行ったことがあります。

その女の子たちが先生に呼び出され指導を受けてるところを今も覚えています。

 

私自身も「下着が透けるなんてヤダな」と思っていたのと、周りを見ても特に社会人の女性が職場で下着を透かしたファッションなんて見たことがなかったので、ブラウスやYシャツの下には肌着を身につけるのが当たり前だと思っていました。

 

しかし、ロシアではそれが逆だというのです。

地下鉄でも他のレストランでも肌着なしでブラウスを着ている女性が多くいました。

 

 

 

男性はどう思っているのか

f:id:chieyoshidaart:20190816035210j:plain

私「ブラが透けて見えるってどう思うの?」

ロシア君「う〜ん…なんとも思わないけど?」

 

私「目のやり場に困ったりしないの?」

ロシア君「なんで?普通のことだし、なんでそんなに気にするの?」

 というのが、ロシア君の意見です。

 

さらに、夏にパリに行ってきた友人(男)に聞いてみたところ

友人「あのレギンスだけは驚いたよ〜。あれは下着なのか?あれは見ていいものなのか?とずっと疑問だった」

 

私「ブラが透けてる人はいなかった?」

友人「ブラというより、谷間が見えてる人は日本より多かったと思う。なんで隠さないのかな?」

 

 

やはり「当たり前」の基準が違うのが大きな要因のようです。 

国が違えば文化も違い価値観も違ってくるので、ファッションにも差が出てくるんだと思います。

 

 

 

日本の「かわいい」は世界では非常識?

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Выпускайте наружу свою чувственность и женское очарование🌹

Russian Fashion Brand(@lov2lov_moscow)がシェアした投稿 -

 

インスタグラムを見ていても、欧米では体のラインを強調するファッションが多く、日本は逆で服で体型をカバーするというファッションが多いと思います。

 

まず、日本では「かわいい文化」が根強くあり、服もメイクも若く見せるものが求められています。

一方、欧米では「セクシー文化」で、可愛いより大人っぽい美しさを求められてる感じがあります。メイクも服も日本よりキツいとか強い印象がありますよね。

 

最終的には個人の好みになりますが、文化の違いからくる美意識の差が出てるんだと思いました。

 

 

 

追伸

私もモスクワ行ってからスキニージーンズを履くようになりました。

ぴったりしているから動きやすいのと、体型を意識するのでダイエット効果もあるのではないかと思いました。